トップ お知らせ ダイアリー SSH 学校紹介
長崎西高の取組
検索
カウンタ
今日 : 286
昨日 : 384
総計 : 1939238
平均 : 424


西高情報

 

◇校訓

 自律

◇キャッチフレーズ

   「志高く 夢かなう 長崎西」
   「信頼され続ける学校 学びがいのある学校 居場所のある学校」
   「最高峰の学校へ」 仝凝晴鶺◆А岼Щ◆廖崛歃」「授業」
                ■海弔裡叩Аchallenge」「change」「continuation」

◇教育方針

   「自律の精神とともに、あふれる叡智、清い心、健やかな身体を備え、
    何事にも主体的に挑戦し、社会に貢献する、たのもしいリーダーの育成を図る。」

 


お知らせ
スクールダイアリー最新記事

2020/1/17(金曜日)

大学入試センター試験 激励会!

 明日からの大学入試センター試験に向けて激励会を行いました。


 渡川校長は出張で不在のため、猪股教頭が激励を行いました。


 川村学年主任は次のことを話しました。
・模試はオープン戦。模試の成績が進路を決めるわけではない。志を思い出し、前を向こう!
・逆境や試練は、自分を成長させるチャンス。立ち向かおう。そして笑顔になってみよう。
・君たちには支えてくれる家族がいる、72回生の仲間がいる、そして先生たちもいる。
・こころがけること。
 最後に「みなさんの頑張りは知っています。自信を持って、明日からのセンター試験および個別試験に臨んでください。72回生学年団、見守っています。」とエールを送りました。


 生徒を代表して松村さんは、「私にとって受験勉強は、決して楽しいことばかりではありませんでした。しかし、だからこそ、周囲の人の励ましを心からありがたいと思えました。諦めたくなった時も、友達が頑張っている姿を見て、自分を奮い立たせることができました。また、家族からの気遣いもたくさん感じました。私は、周りの人の支えがなければ、きっとここまで頑張ることはできなかったと思います。これまで私を応援し続けてくれた先生方、そして両親には、本当に感謝しています。明日からのセンター試験では、終わった後に、私を応援してくれた人に堂々と頑張ったと言えるよう全力で臨みたいと思います。自分の力を信じて、最後の一分一秒まで粘り、一点でも多く勝ち取って、志望校合格へ一歩近づけるよう、力を出し切りましょう。」と決意表明を行いました。


 進路指導部からは、諸注意がありました。

 明日からいよいよ大学入試センター試験です。
寒さは続くかもしれませんが気持ちは熱く!強く!!

 保護者の皆様、先輩・後輩のみなさん、72回生271名とOne Teamで!!


2020/1/8(水曜日)

3学期 始業式

カテゴリー: - kyoumu @ 10:04

 3学期始業式が行われました。

新年の挨拶、年末に行われた男子バスケットボール部の試合観戦の話をされた後、次のように訓辞を話されました。

・「一年の計は元旦にあり」
 節目とは、暦の上の区切りもありますが、始業式・終業式、試験や部活動の試合も、決意を固める大事な機会です。長い道のりを進むには、自分の歩んでいる道が目標達成につながる正しい道であるか、努力の方向や度合が適切なものであるか細かく確認し、必要に応じて軌道修正しながら目標に向けて進んでいくことが重要であると思います。始業式にあたり、自分自身をよく見つめ、進むべき方向を確認して新たなスタートを切ってください。

 

・「自分の頭でよく考える」
 皆さんは本を読んだり、人の話しを聴くことから多くのものを吸収して成長していきます。その際、それは本当に正しいのかと疑って考えてみる、自分がそれを受け入れるのに何か引っかかるところはないか、そういう姿勢を持つことは大切なことだと思います。さらには読書や講話などは、他人の考えた過程をたどったに過ぎず、それをスタートとして自分で考えること、自分の頭というフィルターを通して熟考することが大切なことだと思います。

 

・「ある企業の広告メッセージ」
 ある企業が、幕内最小の力士、炎鵬さんを広告モデルに起用しました。どんな大きな相手にも、自分らしい技で立ち向かう炎鵬さんのように、「たとえ劣勢にあっても、勝負をあきらめず逆転を狙おう」というメッセージを次のように発信しています。

 

 「大逆転は、起こりうる。
 わたしは、その言葉を信じない。
 どうせ奇跡なんて起こらない。
 それでも人々は無責任に言うだろう。
 小さな者でも大きな相手立ち向かえ。
 誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。
 今こそ自分を貫くときだ。
 しかし、そんな考え方は馬鹿げている。
 勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。
 わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。
 土俵際、もはや絶体絶命。」
 上から読んだ時と、「ひっくり返して」下から読んだ時ではまったく違った意味になります。3年生の皆さん、まだまだ時間はあります。頑張ってください。


2019/12/25(水曜日)

ウインターカップ2019 2回戦!

【 男子バスケットボール部 】
 2回戦 (79 − 82)北陸(福井県/総体2位)
       19 − 18 
       14 − 21
       23 − 23
       23 − 20
 最後まで接戦となりましたが、残念ながら惜敗となりました。
応援いただいた皆様ありがとうございました。
ボックススコアはこちらをご覧ください。


2019/12/24(火曜日)

二学期終業式

カテゴリー: - kyoumu @ 16:52


 
 渡川校長が出張のため、猪股教頭が訓辞を行いました。
 猪股教頭は、「主体性」と「コミュニケーション能力」について次のように話されました。「企業で求められている『主体性』は、上司に言われたことをこなすだけではなく、会社の方向性や目標などを踏まえた上で、自分がなすべきこと、できることを考え、自ら行動を起こすことです。指示待ちではなく、自ら考え行動する、さらなる進歩を目指して工夫する、今の皆さんにも大切なことです。学習、部活動など何事においても『主体的』に取り組んでくれることを期待しています。また、企業が求めている『コミュニケーション能力』とは、相手の意見が自分と異なる場合、ディベートのようにある主題について異なる立場に分かれて自分の考えを通すのではなく、相手の考えも一定尊重しながら自分の考えを述べ、相手にも納得させながらそれぞれの長所を統合することで、より高い次元の結論に導いていくことです。そういう力が社会では求められています。人間一人の知恵より、複数の見方・考え方の良い部分を合わせる方が、よりよい結論に達するはずです。」
 今後高校生活や大学生活を送る上で、企業で最も必要とされている能力として、意識的に高めていってくれることを願っています。


 
 終業式後、御塚自律育成部主任のからは、2学期の振り返りと冬季休業中の過ごし方についての話がありました。


ウインターカップ2019

【 男子バスケットボール部 】
 1回戦 (110 − 64)海星(三重県)
      37 − 16 
      19 − 18
      32 − 15
      22 − 15

ボックススコアはこちらをご覧ください。

 ※ 2回戦  12月25日(水)15:40〜 対 北陸(福井県/総体2位)


 
スクールダイアリー最近の記事



〒852−8014 長崎市竹の久保町12−9TEL 095−861−5106 FAX 095−861−3432