トップ お知らせ ダイアリー SSH 学校紹介
カテゴリー
検索


2017/5/29(月曜日)

西高新聞5月号から

 31日(水)発行の西高新聞215号からの紹介記事です。

◆INTEL ISEF 2017  5月14日(日)〜21日(日)

 生物部を母体としたSSHの活動で、3年の野辺愛耶さん、近藤紀香さん、福澤咲知子さんが発表者として、野田有紗さんがオブザーバーとして、高校生の科学研究発表世界大会である、インテル国際学生科学フェア(Intel International Science and Engineering Fair, Intel ISEF)に、日本代表として出場しました。

 会場はアメリカのロサンゼルスコンベンションセンター。現地時間5月17日8時から行われた審査会で、参加ブース数1432、発表参加者1778人、78か国からの参加の中、特別賞「アメリカ音響学会賞 佳作」を受賞しました。審査は時間割制で、16時までの間に1回15分で審査され、その都度、別の審査員が訪問し、研究者に質問して審査されます。グランドアワードの審査員が8回審査し、スペシャルアワードの審査員が任意に8回審査する時間を持っていました。発表者は、日本での練習からさらに成長して、すばらしい英語プレゼンを披露し、オブザーバーも、他の参加国のメンバーとお互いの研究について白熱した議論を展開しました。

 翌日5月18日は、一般公開の日でした。小学生から大人まで、発表者の数をはるかに上回る人たちが参観に来ました。西高生徒は、準備していた折り紙を配りながら、研究内容を分かりやすくまとめて説明していました。浴衣を着て、そこのブースだけ花が咲いています。10時から12時40分まで、説明を聞いたり、手裏剣をもらったり、浴衣の発表者と記念撮影したりで、4人の前には人だかりが絶えませんでした。
 大変貴重な経験をした4人は、世界レベルの高さを実感し、さらなる高みへの夢を後輩へ託すことにしました。

【生物部顧問 長嶋 哲也】


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

15 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress




月別過去ログ
部活動ホームページ


〒852−8014 長崎市竹の久保町12−9TEL 095−861−5106 FAX 095−861−3432