トップ お知らせ ダイアリー SSH 学校紹介
カテゴリー
検索


2018/6/30(土曜日)

平和学習(事前学習)

 1学期期末考査が終了しました。 
午後からは、8月9日の平和学習に向け、事前学習が行われました。

 1年生はビデオ学習。
「ナガサキの少年少女たち」「戦禍に消えた青春」を視聴しました。

 2年生は原爆資料館・追悼平和祈念館見学、3年生は被爆遺構(城山小学校、山王神社、浦上天主堂等)巡りを実施しました。

 [2年生]


※ 展示物が写っていますが、資料館の方に許可をいただいて掲載しています。

 [3年生]

              如己堂(永井隆記念館)

 


西高新聞6月号から

カテゴリー: - kyoumu @ 10:10

 西高新聞228号からの紹介記事です。

◆長崎西高9回生 「ここの津会」  彫塑 『笑う少女』 贈呈

 21日(木)、長崎西高校9回生「ここの津会」会長 横瀬昭幸様(本校校医)、小山曙美様(本校元校長)、谷口善治様の3名が来校され、9回生卒業61周年記念品として、北村西望作 彫塑「笑う少女」像の贈呈が校長室において行われました。
 「ここの津会」の皆様からは、昭和52年に卒業20周年記念として図書券(5万円)を頂戴したことに続き、昭和63年(卒業31周年)、平成9年(卒業40周年)、平成19年(卒業50周年)と、約10年ごとに4回の記念品を贈呈していただいており、今回5回目の贈呈となります。贈呈式終了後、図書館中央部のカウンターに展示させていただきました。ご来館の際は是非ご覧ください。  
 【事務長 山崎 健二】


2018/6/18(月曜日)

大会結果

◇放送部
「第65回NHK杯全国放送コンテスト 長崎県大会」
【 ラジオドキュメント部門 】  最優秀賞 全国大会出場決定
【 テレビドキュメント部門 】  優秀賞   全国大会出場決定

【 ラジオドラマ部門 】     優秀賞  全国大会出場決定
【 テレビドラマ部門 】     優良賞  

【 アナウンス部門 】
  優秀賞 永 葵(3年)   全国大会出場決定 

【 朗読部門 】
  優秀賞 山口 晴(2年)   全国大会出場決定
  優良賞 金澤 清香(3年)

◇陸上部
全国高等学校陸上競技対校選手権大会
− 北九州地区予選会 −
【 男子 】
  永瀧 聡士(3年) 走幅跳  第3位(インターハイ出場決定)
              三段跳  第5位(インターハイ出場決定)

◇カヌー部
−全九州高等学校体育大会−
【 男子 】
  岩元 健悟(3年) カヤックシングル  第3位

◇バスケットボール部
−全九州高等学校体育大会−
 【 男子 】  
  1回戦  86 − 69 佐賀東(佐賀2位)
  2回戦  70 − 80 コ ザ(沖縄1位)

 【 女子 】
  1回戦  57 − 69 慶 誠(熊本1位)
  2回戦  54 − 73 西 原(沖縄1位)


2018/6/13(水曜日)

乳幼児ふれあい体験(第1期)

 昨日から、家庭基礎の授業の一環として、1年生の乳幼児ふれあい体験学習が行われています。第1期は4クラスが担当し、4日間で107組の参加(予定)をいただいています。

 お出迎え

 授業の様子

 授業では、乳幼児およびその保護者の方との交流を行い、「乳幼児とのふれあい」「乳幼児の生活観察」「保護者へのインタビュー」等で、乳幼児理解や子育てに関する理解を深めます。また、参加される保護者の方々も子育ての情報交換の場になっているそうです。

 ※ 第2期(3クラス)は二学期に実施します。
 ※ 画像掲載の許可をいただいています。


2018/6/12(火曜日)

「長崎っ子の心を見つめる」教育週間

 本校では、「心豊かな長崎っ子」の育成を図るため、「命を大切にする心や思いやりの心の育成」「あこがれや将来への志の育成」「あいさつやマナーの向上」を目的として、今年度は、6月11日〜15日までを「長崎っ子の心を見つめる」教育週間として設定しています。
 
 本日はその一環として、スクールカウンセラー 内野成美先生と靄楮明萓犬砲越しいただき、「ストレスマネージメント〜こころの柔軟体操〜」というテーマで講話をしていただきました。

 

 グループに分かれての演習では、自分の“ものの見方”や“考え方”について、考える時間となったようです。

 
 最後に、「脳は、筋肉と同じで使えば使うほど性能がアップする」「自分の脳は自分で作っていくものである」「学習と成長のチャンスを逃さず、自分が望む未来をつかんでほしい」と話されました。


2018/6/11(月曜日)

試合結果

カテゴリー: - kyoumu @ 08:19

◇平成30年度 九州ジュニア体重別選手権長崎県大会
 −55kg級  谷村 大成(3年生)


2018/6/6(水曜日)

高総体報告会及び表彰伝達式

 高総体報告会及び表彰伝達式が行われ、各部活動からの結果報告がありました。

上位入賞結果はこちらをクリックしてください。

「個人表彰 第2位・第3位」
 カヌー部

 水泳部(競泳)

 陸上部

 柔道部(女子)

「団体表彰 第2位」
 男子カヌー部 第2位

 水泳部(水球男子) 第2位

 女子バスケットボール部 第2位

「個人・団体表彰 第1位」
 男子カヌー部 カヤックシングル

 男子カヌー部 カヤックペア

男子カヌー部 カヤックフォア

 男子バスケットボール部 


 優勝した個人、団体には栄冠旗が授与されます。


 終了後の校長講話では次のことを話されました。
○ 努力は必ず報われる  
 私は次のように思っています。「学習や部活動の努力は、志望校合格や部活動などの目標達成が仮に叶わなかったとしても、長い人生の中で、形を変えて、きちんとした成果となって、必ず努力した人に返ってくる。言い換えると、ひたむきに重ねた努力は短期的には結果に結びつかなくても無駄になることはなく、違った形で必ず努力した人にもたらされ、長い人生を支え、活躍を後押ししてくれる。そういう意味も含めて、努力は必ず報われる、は正解である。」と考えています。
○ 自得
 辞書には「自ら会得すること。自分の力で理解し、会得すること」と書かれています。学習や部活動にあたっては、様々な知識・技術を得るために、指導者から習うことは大切です。しかしそれだけでは、深い理解、あるいは高いレベルの技術は得られません。自分自身が考え、創意工夫をこらして、わが事として主体的に努力を重ねる中で自得するものです。そうした心構えで取り組んではじめて人の教えも役に立つのだと思います。

 最後に「自ら考え、創意工夫をこらし、努力していくことが大事であるということです。素直な心を持ちながらも、先生がなんとかしてくれるという人に頼る気持ちではなく、自分自身をしっかり持ち、主体的な気持ち、自分の目標は自分の力で掴み取るという気持ちで、自分をよく分析し常に「創意工夫」しながら精進すること、すなわち「自得」の精神で日々の努力を積み重ねてくれることを期待しています。」とまとめられました。

 保護者ならびに関係者の皆様におかれましては、高総体期間中の応援や選手・応援生徒の送迎ありがとうございました。特に屋外で行われる競技については、日差しも強く、気温も高い中で、最後まで精一杯の応援をいただき、感謝申し上げます。

 一部の体育部を除き、各部新チームがスタートします。
 今後とも引き続き、ご指導ご支援の程、よろしくお願いいたします。


13 queries. 0.042 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress




月別過去ログ
部活動ホームページ


〒852−8014 長崎市竹の久保町12−9TEL 095−861−5106 FAX 095−861−3432