トップ お知らせ ダイアリー SSH 学校紹介
カテゴリー
検索


2017/1/31(火曜日)

県新人戦結果

 長崎県高等学校新人体育大会バスケットボール競技
兼全九州高等学校バスケットボール春季選手権大会県予選会

【 男子 優勝 】※ 6年連続12回目
   2 回 戦 133 − 35 西陵
   3 回 戦 103 − 69 瓊浦
   準々決勝  96 − 67 長崎北陽台
   準 決 勝  68 − 54 佐世保工業
   決   勝  79 − 69 長崎工業
 
【 女子 準優勝 】 
   2 回 戦 125 − 22 大村城南
   3 回 戦  66 − 45 長崎明誠
   準々決勝  62 − 48 佐世保商業
   準 決 勝  63 − 57 長崎商業
   決   勝  55 − 68 佐世保南
   
 男女とも、3月18日から行われる九州大会に出場します。

◆バレーボール【 女子 】 
   1 回 戦  2 − 1 佐世保高専
    2 回 戦  0 − 2 向陽
◆サッカー
   1 回 戦  0 − 5 鎮西学院


2017/1/30(月曜日)

ラグビー部 V2!

 長崎県高等学校新人体育大会ラグビーフットボール競技
【 10人制大会 優勝 】※ 九州大会出場決定!

 予選リーグ Aパート
   40 −  0 佐世保南
   24 − 12 佐世保高専
 ※ 予選1位通過

 決勝トーナメント
   33 −  0 大村・諫早
   28 − 12 大村城南

 九州大会は3月18日(土)〜20日(月)に宮崎で開催されます。応援よろしくお願いします。


2017/1/13(金曜日)

大学入試センター試験 激励会!


 明日からの大学入試センター試験に向けて激励会を行いました。

 尾崎校長は出張のため不在でしたが、ビデオメッセージを用意されていました。

「これからの長い人生の中で、幾度か覚悟を決めて臨まなければならない戦いが待ち受けている。多くの生徒にとっては、この大学入試センター試験が、西高合格のための高校入試に続き、第2回目のとき。試験に臨む際に大事にしてもらいたい基本的姿勢について、
1.平常心で臨む。気負わない。
2.集中する。1科目、1科目の試験に集中する。集中するためには、弛緩(ゆるむ)ことも必要。
3.2日間の長い勝負であることを覚えておく。1日目が上手くいったとか、いかなかったを判断しない。1科目1科目でしっかりリセットする。2日目の最後の科目が終わるまで、どれだけ集中を維持できるかで勝負が決まる。
4.しっかり食事をとって、睡眠を十分に確保する。
最後に、問題が解けないときは、支えてくれた先生方、応援してくれる先生方の笑顔を思い出してほしい。成長するために精進の機会と考えてください。」と激励がありました。


 野村教頭からは、
「個々人の Vと団体戦の VでWのVictoryを掴み取れ!センター試験頑張ろう!69回生!」と激励がありました。


 副島学年主任からは、生徒の緊張を解しながら、
「69回生は、合宿や運動会等、これまで『ここぞ!』というところで力を発揮してきた。それは、これまでの高校生活を通じて、確実に成長していたからです。センター試験本番も、今までどおりで大丈夫!安心して臨もう!」と激励がありました。


 生徒を代表して大坪さんは、
「私たちはこれまで何度も困難を乗り越えてきました。きつい時、隣にはいつも支え合える仲間がいました。センター試験への不安は、もちろんあると思います。ですが、それはみんな一緒です。今までやってきた分、結果は自然とついてくると思います。だから自分を信じて、いつもどおり平常心で、自分が持てる力を精一杯出しましょう。」と挨拶しました。


 気持ちをひとつに!!

 進路指導部からは、諸注意がありました。

 後輩からの応援も後押ししてくれるハズですね。

 明日からいよいよ大学入試センター試験です。

保護者の皆様、先輩・後輩のみなさん、69回生272名の健闘をお祈りください。


2017/1/10(火曜日)

3学期 始業式

カテゴリー: - kyoumu @ 17:07

 2017年の3学期がスタートしました。

 尾崎校長は、新しい年の3学期を迎えるに当たり、心掛けてもらいたいことについて話されました。
 「『小さな工夫を凝らし、日常生活をよりよくしよう』とする前向きな姿勢を持ち続けてほしいということです。例えば、授業や家庭での学習に行き詰まり感を抱いている人は、それを打破するための小さな打開策は何かを自分で考えてもらいたいのです。また、部活動で伸び悩んでいる人は、原因がどこにあるのかを自分なりに探って欲しいのです。人間関係で苦しんでいる人は、どうしたら人間関係が改善できるのか、改善策を考えて欲しいのです。もしかすると、単に歩み寄ることが最善の解決策かもしれません。いずれにせよ、工夫なくして、生活はよりよくなりません。虫歯を放置すると、取り返しがつかないほどの痛みを伴うのと同じように、先延ばしは問題の解決にはなりません。小さな工夫を大事にしてください。小さな工夫の繰り返しが、2学期終業式で、話をしました『感性』を育むことに繋がります。」
 「節目、節目で『リセット・リスタートする』ということです。1学期の自分は終わり、2学期の自分も終わり、冬休みの自分も終わりました。今日からは最終学期の3学期の“自分づくり”が始まります。新たな自分づくりのために、何事にも、一所懸命、精一杯取り組みましょう。」と話されました。


2017/1/5(木曜日)

大会結果

◆長崎県高校総合文化祭 第12回写真展
 最優秀賞 

 1年 天本 優莉 「ねこのほそ道」
※ 平成29年度 宮城県で開かれる全国大会に出品されます。

◆長崎地区学年別剣道大会
 準優勝 日笠 紗希(2年)


13 queries. 0.110 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress




月別過去ログ
部活動ホームページ


〒852−8014 長崎市竹の久保町12−9TEL 095−861−5106 FAX 095−861−3432