トップ お知らせ ダイアリー SSH 学校紹介
カテゴリー
検索


2019/1/18(金曜日)

本校研究開発商品のローソンでの発売について

カテゴリー: - kyoumu @ 11:25

◇本校研究開発商品(ベーカリー・デザート)のローソンでの発売について

 本校の2年生の生徒達がSSHの教育活動で研究開発した商品「キリシぱん」と「びわとみかんのカステラロールケーキ」が、1月22日(火)から県下のローソンにて販売されます。生徒の研究成果をご賞味いただければ幸いです。
 研究開発に関わった生徒が、22日(火)に下記の時間帯で店頭販売を行います。お時間がございましたら、店舗へ足をお運びいただきますようお願いします。

◆ローソン宝栄町店   11:30〜13:00
◆ローソン浜町店    15:30〜17:00

 販売期間は2月中旬までの予定ですが、原材料が無くなり次第販売終了となります。
上記2店舗に限り予約注文が可能です。「ご予約承り表」を下記リンク先に掲載していますので、必要な方はご利用ください。
 本活動は、商品の研究開発、商品化、販売までを学ぶ教育活動の一環であり、本校及び関係生徒は一切の利益供与を受けていないことを申し添えます。
「ご予約承り表」はこちら


2019/1/15(火曜日)

いよいよ販売!

カテゴリー: - kyoumu @ 14:06

 ◇高校生ベーカリー・デザート商品開発企画(LAWSON企画)
 9月に最優秀賞を受賞した下記商品が、いよいよ今月22日(火)から販売されます。

◇びわとみかんのカステラロールケーキ

 「長崎の特産品である生産量全国順位、第1位のびわと第5位のみかんを長崎名物のカステラ風生地でロールしました。びわの豊潤な香りとみかんクリームのほどよい酸味にカステラのやさしい甘みがふんわり溶けあった、まるごと長崎県産のスペシャルスイーツをぜひご賞味ください!!!」

◇キリシぱん

 「“長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産”の世界遺産登録と関連して、世界遺産がある地域の特産物を使ってつくりました。長崎県産のみかんジャムと五島産のかんころもちを、五島灘の塩とバターと一緒にパンで包み込みました。“あまじょっぱい”「キリシぱん」を長崎の歴史のかおりと共にお楽しみください!!」

 22日(火)には、開発に係わった生徒達が店頭販売を行います。
1.日 時 11:30〜13:00
  場 所 ローソン宝栄町店
2.日 時 15:30〜17:00
  場 所 ローソン浜町店(思案橋電停側からアーケードに入ってすぐ)

 皆様のご来店をお待ちしています。


2018/12/12(水曜日)

ふるさと訪問授業

 核融合科学研究所主催の「ふるさと訪問授業」が行われました。

講義題:「プラズマ・核融合研究の魅力」

 この授業は、本校のSSH事業と核融合科学研究所との教育連携活動として、平成22年度より実施されています。
「ふるさと訪問」ということで、本校出身の先生が特別講義を行いました。

講 師:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 核融合科学研究所 
    高密度プラズマ物理研究系 高密度プラズマ輸送研究部門
    准教授 吉村 信次先生(本校第41回生)

 2年生 理系生徒167名を対象に2時間の講義をしていただきました。


2018/10/12(金曜日)

SSH講演会

カテゴリー: - kyoumu @ 18:32

 本日の理系ミッションは、広島大学理事・副学長 相田美砂子教授をお招きし、講演をしていただきました。
 演題「ナノとバイオとインフォの融合は化学から」


 また放課後は、科学系部活動生徒に対して講義をしていただきました。


2018/9/12(水曜日)

W受賞!商品化へ

カテゴリー: - kyoumu @ 16:31

 ◇高校生ベーカリー・デザート商品開発企画(LAWSON企画)

  SSH調理にみる科学班(2年生)が上記企画に参加し、ベーカリー部門、デザート部門の両部門で最優秀賞を受賞しました。今回、両部門合わせて31点の応募があり、7校8点が昨日の二次審査へ進みました。この後は、商品化に向けた協議を繰り返しながら、本年度中に県内のローソン全店舗で販売予定となります。
 皆様のお手もとに届くまで、楽しみにお待ちくださいね。


2018/7/25(水曜日)

西高の日 無事に終了。

 「西高の日」開催されました。

 来賓受付、案内等は生徒が担当。笑顔でお出迎え。

 

 西高グッズの販売コーナーもあります。
 

◇開会式

 吹奏楽部のファンファーレで開会式に花を添えます。
 

  午前の部【 第1部 SSH研究発表会 】 


 県内のALTの先生方にもお越しいただきました。

◇口頭発表 
 理系生徒のポスターセッションも英語で行いました。


 発表を聞く生徒も評価を行います。


 専門アドバイザーの先生方からは、質問やアドバイスをいただきました。


 文系生徒は英語でのステージ発表。 

 こちらは生物部による「新発見 ナガサキアメンボ」のパネルです。

 

 ALTの先生も興味があるようですね。


 参加されているALTの先生方がたくさんの質問をしてくださり、生徒と意見交換をする様子が多く見られました。


 文系ミッション「調理にみる科学」班と「あすなろパン」さんとのコラボ商品販売コーナー。
閉会式後には、多くの生徒が購入していました。

 午後の部は、学校説明会があり、学校行事や入試の説明、学校紹介ビデオの放映や海外研修報告がありました。
 
 ブリックホールでの説明会の後は、西高での部活動見学会が行われました。


 部活動の様子や学校生活等について、話しを聞いていたようです。

 暑い中での開催となりましたが、参加いただいた皆様ありがとうございました。


2017/7/17(月曜日)

西高の日開催!

 「西高の日」開催。

 来賓受付、案内等は生徒が担当しました。

 

 西高グッズの販売コーナー。
 

 吹奏楽部のファンファーレで開会式に花を添えます。
 

  午前の部【 第1部 SSH研究発表会 】 

 発表会には、(独)科学技術振興機構 鈴木 清史様をはじめ、県内の高等学校・教育関係機関の先生方やALTの先生方にお越しいただきました。

 今年度もさくらサイエンスプランのプログラムとして、ベトナムのレホンフォン高校とベトドク高校から計9名の生徒さんが引率の先生方と参加されました。

 文系の生徒は英語でのステージ発表。 
 理系のポスターセッションでは、英語・日本語での発表を行いました。

 専門アドバイザーの先生方からは、質問やアドバイスをいただきました。

 ベトナムの生徒さんには、英語で説明をしていました。。

 それぞれの講座で、研究成果を熱心に発表していました。


 

 午後の部は、学校説明会が開催されました。

 会では、学校行事や入試の説明、学校紹介ビデオの放映や海外研修報告がありました。

 生徒によるパネルディスカッションでは、西高生本音の経験談を聞けたのではないでしょうか。

 ブリックホールでの説明会の後は、部活動見学会が行われました。

 部活動の生徒達も見学の生徒さんを案内していました。


2017/5/29(月曜日)

西高新聞5月号から

 31日(水)発行の西高新聞215号からの紹介記事です。

◆INTEL ISEF 2017  5月14日(日)〜21日(日)

 生物部を母体としたSSHの活動で、3年の野辺愛耶さん、近藤紀香さん、福澤咲知子さんが発表者として、野田有紗さんがオブザーバーとして、高校生の科学研究発表世界大会である、インテル国際学生科学フェア(Intel International Science and Engineering Fair, Intel ISEF)に、日本代表として出場しました。

 会場はアメリカのロサンゼルスコンベンションセンター。現地時間5月17日8時から行われた審査会で、参加ブース数1432、発表参加者1778人、78か国からの参加の中、特別賞「アメリカ音響学会賞 佳作」を受賞しました。審査は時間割制で、16時までの間に1回15分で審査され、その都度、別の審査員が訪問し、研究者に質問して審査されます。グランドアワードの審査員が8回審査し、スペシャルアワードの審査員が任意に8回審査する時間を持っていました。発表者は、日本での練習からさらに成長して、すばらしい英語プレゼンを披露し、オブザーバーも、他の参加国のメンバーとお互いの研究について白熱した議論を展開しました。

 翌日5月18日は、一般公開の日でした。小学生から大人まで、発表者の数をはるかに上回る人たちが参観に来ました。西高生徒は、準備していた折り紙を配りながら、研究内容を分かりやすくまとめて説明していました。浴衣を着て、そこのブースだけ花が咲いています。10時から12時40分まで、説明を聞いたり、手裏剣をもらったり、浴衣の発表者と記念撮影したりで、4人の前には人だかりが絶えませんでした。
 大変貴重な経験をした4人は、世界レベルの高さを実感し、さらなる高みへの夢を後輩へ託すことにしました。

【生物部顧問 長嶋 哲也】


13 queries. 0.140 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress




月別過去ログ
部活動ホームページ


〒852−8014 長崎市竹の久保町12−9TEL 095−861−5106 FAX 095−861−3432