トップ お知らせ ダイアリー SSH 学校紹介
カテゴリー
検索


2019/2/28(木曜日)

卒業記念品贈呈式 特別表彰式 皆勤者表彰式 同窓会入会式

 卒業式を明日に控え、各種式典が行われました。

◇卒業記念品贈呈式

 卒業生から学校へ記念品贈呈がありました。

 卒業生を代表して 釜坂くん(3組)

 在校生から卒業生への記念品贈呈

 卒業生代表 武藤くん(5組) 在校生代表 田島さん(2年生)  

◇各種表彰


 長崎県教育長表彰 優良卒業児童生徒表彰  山口くん(4組)

※この賞は、学習や他の学校活動で顕著な実績を収め、他の模範となった卒業生徒を表彰するものです。


 長崎県教育委員会表彰 優良児童生徒表彰  桃坂さん(4組) 平野さん(1組) 朝鍋さん(4組) 

※この賞は長崎県の学術、文化の進展に特に寄与された個人や団体、そして、他の模範となる顕著な活動をした児童・生徒の功績を称え、表彰するものです。


 長崎県高等学校体育連盟 卒業生顕彰  
「カヌー部」 中野さん(1組)

※この賞は、その学校において体育およびスポーツ競技活動が顕著であり、他の教育活動においても生徒の模範となる者に対して卒業時に表彰するものです。


 長崎県高等学校文化連盟表彰 卒業生顕彰 
「音楽部」 中島さん(1組)

※この賞はその学校において文化・芸術活動が顕著であり、他の教育活動においても生徒の模範となる者に対して卒業時に表彰するものです。


 平成30年度県民表彰  山口くん(4組) 深松くん(5組)

※この賞は、地方自治、産業、文化、教育等の振興に関して功績顕著な個人や団体を表彰するものです。

「かしわ功労賞」
※本校在籍中に部活動等で顕著な実績を残した生徒・部活動を表彰するものです。

 <団体> 
  男子バスケットボール部(3年 9名)
  女子バスケットボール部(3年 10名)
  水泳部【水球男子】(3年 5名) 
  水泳部【水球女子】(3年 5名)
  音楽部(3年 7名)  
  生物部(3年 9名)
  物理部(3年 15名)
  放送部(3年 10名)

 <個人>  
  岩元くん(カヌー部) 中野さん(カヌー部) 永瀧くん(陸上部)
  和田くん(個人)   山口くん(生徒会役員  3期 うち生徒会長 2期)

◇皆勤者表彰

 皆勤者表彰(三年間の無遅刻・無欠席・早無退の生徒)50名に賞状と記念品が渡されました。


 受賞者代表 福光くん(7組)

 午後からは、同窓会入会式が行われました。

 同窓会に入会する71回生へ雕蠧荏覯馗考佑茲蟯新泙慮斥佞贈られました。

 入会者代表挨拶 

 中島さん(1組)

 雕蠧荏覯馗考佑茲蟲念品の贈呈がありました。

 受領は、本井さん(8組)


 渡川校長より入会者へ激励の言葉

 各地区同窓会から


 東海同窓会会長 神田 晋様


 関西同窓会会長 河野 通弥様


 福岡同窓会会長 平松 一雄様


 在京同窓会会長 宮崎 良様  宮副 大地様

 長崎同窓会副会長 長澤 和彦様、同じく副会長 竹本 欣也様にもご出席いただきました。

 最後に長崎地区同窓会49回生監事 北川 三香子様からお話しがありました。

 明日はいよいよ71回生の卒業式です。

◇卒業証書授与式  10:00〜11:20
◇ホームルーム 11:50〜12:50(予定)

 式にご出席される場合には、次の点にご注意ください。
 
1.式場には9時40分までにご入場ください。
 開式後の入場は進行に影響を及ぼす場合もありますので、時間の厳守にご協力ください。

2.上履きをご用意ください。

3.駐車場がありませんので、自家用車の校内乗り入れはご遠慮ください。


2019/2/4(月曜日)

大会結果

◇平成30年度九州高等学校生徒理科研究発表大会

 生物部 最優秀賞(生物部門 九州1位)
 物理部  優秀賞(物理部門 九州2位)

 ※生物部、物理部は、「2019さが総文」出場決定!

◇長崎県高等学校新人体育大会 新人駅伝競走大会
 【 男子 】 15位/34校中
  24位→20位→17位→17位→15位→15位
 【 女子 】  8位/26校中
  14位→12位→11位→8位→8位


2018/12/10(月曜日)

期待高まる!

 「第16回高校生科学技術チャレンジ」最終審査会に出場した生物部(玉田さん、日南さん、宮崎さん)が、科学技術政策担当大臣賞(全国2位)となりました。この結果3名は、来年度に行われる「Intel ISEF 2019」の出場選考対象に選ばれました。
 生物部ではこれまで、2016年度に野辺さん、近藤さん、福澤さんが「文部科学大臣賞」と「花王特別奨励賞」を受賞しロサンゼルス大会へ出場、2012年度には、村上君と田中さんが「科学技術政策担当大臣賞」を受賞し、アリゾナフェニックス大会に日本代表として参加しています。


2018/11/15(木曜日)

全国大会壮行式

 【 地学部 】

 大会名:第7回高校・高専「気象観測機器コンテスト」
 開催日:平成30年11月17日(土)
 会 場:元・南極観測船 「SHIRASE 5002」
 ※3チームが出場します。

 【 生物部 】

 大会名:第16回高校生科学技術チャレンジ
 開催日:平成30年12月8日(土)・9日(日)
 会 場:日本科学未来館(東京都江東区青海2−3−6)
 ※本年度は247の研究作品の応募があり、一次審査を通過した30研究作品の最終審査(プレゼンテーション審査)が行われます。


2018/11/12(月曜日)

大会結果

【 放送部 】
◇平成30年度長崎県高等学校総合文化祭
 第40回九州高校放送コンテスト長崎県大会

【 テレビ番組部門 】優秀賞 
【 ラジオ番組部門 】優秀賞 
【 アナウンス部門 】
  冨永 優希    優秀賞
【 朗読部門 】
  山口 晴      優秀賞 
  松原 愛海    優秀賞

※ 以上九州大会出場決定!
※ テレビ番組部門・朗読部門 山口さんは、「2019さが総文」出場決定!

【 アナウンス部門 】
  徳永 雛子    優良賞
【 朗読部門 】
  岩永 文乃    優良賞
【 ラジオ番組部門 】優良賞 

◇平成30年度長崎県高等学校総合文化祭
 第24回科学研究発表大会

◎口頭発表部門
【 物理部 最優秀賞 】(九州大会・平成31年度全国総文祭出場決定)
「網目の形状変化に伴う網の通気性の変化」 
【 生物部 最優秀賞 】(九州大会・平成31年度全国総文祭出場決定)
「謎に満ちた地表徘徊性ハシリカスミカメムシ類の生態(とくに発音と闘争)を解明そして飼育技術を開発したサクセスストーリー」
【 化学部 優秀賞 】(九州大会出場決定)
「モンテカルロ法を用いた溶液中における水素分子の挙動について」
【 地学部 優秀賞 】(九州大会出場決定)
「長崎港における水塊の挙動」

◎展示発表部門
【 化学部 優秀賞 】
「薫製による食品の保存期間の変化」
【 化学部 優秀賞 】
「紫外線を吸収する天然染料の作成」 


2018/7/20(金曜日)

全国大会壮行式

 午後は、各種全国大会に出場する選手の壮行式がありました。

【 インターハイ出場 】
 バスケットボール男子 12名  カヌー部 4名  陸上部 1名

 大会ホームページをご覧になるには、下記のバナーをクリックしてください。

【 NHK杯全国高校放送コンテスト 】
 放送部 8名

【 2018信州総文祭 4名 】
 書道部 1名  生物部 1名  放送部 4名  百人一首 1名 

 大会ホームページをご覧になるには、下記のバナーをクリックしてください。

◇校長挨拶
「皆さんのこれまでの努力を讃え、大会での健闘を心から祈っています。これまでの日々の練習で、苦しかったこと、壁にぶつかったこと、伸び悩んだことなど苦労も多かったと思いますが、皆さんの努力が全国大会出場という大きな成果として花開きました。運動部、文化部それぞれ状況は異なりますが、全国の優秀な選手、生徒と競うことができる貴重な機会であり、選ばれた人しか出場できない大会です。県内の大会よりレベルの高い相手と戦うことになりますが、これまで支えていただいた方に感謝しながら、そして仲間とこれまでの自分の努力を信じる強い意志をもって正々堂々と最高の戦いをしてくれることを願っています。」

◇生徒代表激励のことば
 生徒会長の田君は、「長崎県を代表して、全国大会という晴れ舞台に出場できること自体がとても名誉なことなので、緊張せずにいつも通り頑張ってください。また、吹奏楽部の皆さん、私たちのために校歌演奏や野球部の応援等でいつも演奏してくださってありがとうございます。皆さんのいつもの演奏ならコンクールでも良い演奏ができると思います。リラックスして頑張ってください。」とエールを送りました。

 明日21日に開催される、長崎県吹奏楽コンクールで演奏する曲の披露がありました。

 渡川校長は、「演奏できること、自分たちの曲を聴いていただくこと、たくさんの方々の支えなど、すべてに感謝しながら、明日のコンクールでは自分たちのステージを楽しみ、そしてチームワークよく、ベストの演奏をしてくれることを確信しています。」と話されていました。


2018/5/2(水曜日)

新種発見!!生物部

カテゴリー: - kyoumu @ 11:42

 生物部3年生の研究グループが、新種のアメンボを発見したとして、カナダの国際学術誌( The Canadian Entomologist )のホームページで発表されました。
 ◇研究グループ
  朝鍋 遥  平野 安樹子  桃坂 瞳
※ The Canadian Entomologist のホームページはこちらをクリックしてください。
※ 5月2日(水)付、長崎新聞の1面にも掲載されています。
  長崎新聞のホームページはこちらをクリックしてください。


2018/2/28(水曜日)

卒業記念品贈呈式 特別表彰式 皆勤者表彰式 同窓会入会式

 卒業式を明日に控え、各種式典が行われました。

◆卒業記念品贈呈式

 卒業生から学校へ記念品贈呈がありました。

 卒業生を代表して 能村くん(6組)

 在校生から卒業生への記念品贈呈

 卒業生代表 島さん(2組) 在校生代表 中島さん(2年生)  

◆特別表彰


 優良卒業児童生徒表彰  吉岡くん(4組)

※この賞は、学習や他の学校活動で顕著な実績を収め、他の模範となった卒業生徒を表彰するものです。


 長崎県教育委員会表彰  大石くん(4組)
※この賞は長崎県の学術、文化の進展に特に寄与された個人や団体、そして、他の模範となる顕著な活動をした児童・生徒の功績を称え、表彰するものです。

 長崎県高等学校文化連盟表彰  大石くん(4組)
※この賞は長崎県高文連の普及振興に功績があった者、全国大会で上位に入賞、県大会で3年連続最優秀の個人及び団体に対して表彰するものです。


 長崎県高等学校体育連盟 卒業生顕彰  
「男子バスケットボール部」 井手くん(2組)

※この賞は、その学校において体育およびスポーツ競技活動が顕著であり、他の教育活動においても生徒の模範となる者に対して卒業時に表彰するものです。

 長崎県高等学校文化連盟表彰 卒業生顕彰 
「美術部」 岩永さん(2組) 受験のため本日欠席

※この賞はその学校において文化・芸術活動が顕著であり、他の教育活動においても生徒の模範となる者に対して卒業時に表彰するものです。


 平成29年度家庭クラブ員功労賞
 家庭クラブ生徒会長  水島さん(7組)

※この賞は第65回全国家庭クラブ研究発表大会長崎大会の第1専門部生徒委員長として、3年間業務に携わり、大会の成功に貢献した功績に対し、表彰するものです。


 平成29年度県民表彰
「生物部」 野辺さん(4組) 近藤さん(6組) 野田さん(6組) 福澤さん(7組)

※この賞は、地方自治、産業、文化、教育等の振興に関して功績顕著な個人や団体を表彰するものです。

「かしわ功労賞」
※本校在籍中に部活動等で顕著な実績を残した生徒・部活動を表彰するものです。

 <団体> 
  男子バスケットボール部(3年 10名) 
  女子バスケットボール部(3年 9名)
  女子カヌー部(3年 1名)
  水泳部【競泳男子】(3年 7名)
  水泳部【水球男子】(3年 9名)
  ラグビー部(3年 9名)
  地学部(3年 5名)
  物理部(3年 2名)
  生物部(3年 4名)
  音楽部(3年 5名)
  放送部(3年 6名)


 <個人>  
  大石くん(放送部)  室くん(地学部)
  吉岡くん(生徒会役員  4期 うち生徒会長 2期)

◆皆勤者表彰

 皆勤者表彰(三年間の無遅刻・無欠席・早無退の生徒)47名に賞状と記念品が渡されました。

 受賞者代表 佐々木くん(3組)

 午後からは、同窓会入会式が行われました。

 同窓会に入会する70回生へ雕蠧荏覯馗考佑茲蟯新泙慮斥佞贈られました。

 入会者代表挨拶 

 田丸くん(1組)

 雕蠧荏覯馗考佑茲蟲念品の贈呈がありました。

 受領は、山本さん(8組)

 尾崎校長より入会者へ激励の言葉が贈られた後、各地区の同窓会からお話がありました。


 東海同窓会会長 神田 晋様


 関西同窓会会長 河野 通弥様


 福岡同窓会会長 平松 一雄様


 在京同窓会会長 宮崎 良様

 長崎同窓会副会長 長澤 和彦様、同じく副会長 三上 浩二様にもご出席いただきました。

 明日はいよいよ70回生の卒業式です。

◆卒業証書授与式  10:00〜11:20
◆ホームルーム 11:50〜12:50(予定)

 式にご出席される場合には、次の点にご注意ください。
 
1.式場には9時40分までにご入場ください。
 開式後の入場は進行に影響を及ぼす場合もありますので、時間の厳守にご協力ください。

2.各自上履きをご用意ください。

3.駐車場がありませんので、自家用車の校内乗り入れはご遠慮ください。


2018/2/16(金曜日)

同窓会生徒支援費贈呈式

 毎年、同窓会から本校生徒の学習・部活動など様々な活動に対して多くの支援をいただいています。昨日、今年度活躍をした部活動に対して、雕蠧荏覯馗垢ら生徒支援費が渡されました。
 雕蠧荏覯馗垢ら激励をいただいた後、各部への贈呈が行われ、最後に野球部の大井主将がお礼の言葉を述べました。

 贈呈を受けた部活動は以下のとおりです。

野球部
男子バスケットボール部
女子バスケットボール部
水泳部(水球)
生物部
物理部
放送部


2017/11/6(月曜日)

大会結果

【 物理部 】
◆第25回衛星設計コンテスト最終審査会


 「全天球画像送信衛星『DIVE』」ジュニア大賞(全国1位)
3年ぶり3回目の日本一!となりました。

【 地学部 】
◆第6回高校・高専「気象観測機器コンテスト」最終選考会出場へ
開催日:平成29年11月18日(土)
会 場:元・南極観測船『SHIRASE 5002』
 「星空観測目安機 『Star Survey Ver 2.0』 」
 「空気中の酸性度簡易測定機 『Waterbath』 」
 「wind測る(ウィンドミル)」
以上、3テーマの出場です。

【 水泳部(水球女子)】※長崎選抜(本校7名出場)
◆第4回全日本ジュニア(U17)水球競技大会九州地区予選会

 優勝 3月に新潟で行われる全国大会へ出場します。

◆第10回全日本ユース(U15)水球競技大会九州地区予選会

 第3位 12月に岡山で行われる全国大会へ出場します。

◆平成29年度長崎県高等学校総合文化祭
 第23回科学研究発表大会

◎口頭発表部門
【 生物部 最優秀賞 】(九州大会・平成30年度全国総文祭出場決定)
「大村湾における絶滅が危惧される海産アメンボの生息状況と
   新たに発見された長崎アメンボ(新称)について」 
【 化学部 優秀賞 】
 「水素と水のクラスターに関する理論的研究」
【 化学部 優秀賞 】
 「窒素・酸素と水クラスターに関する理論的研究」
【 地学部 優秀賞 】
 「長崎港の水塊の挙動」
【 物理部 優秀賞 】
 「流体力学を用いた筒状ビニールの挙動に関する研究」
【 生物部 優秀賞 】
 「岩屋山における希少昆虫ソデフリカスミカメ
    (長崎市RDB:準絶滅危惧種)の生態について」 

【 柔道部(女子)】
◆平成29年度長崎県高等学校新人体育大会柔道競技

 第3位 中村 朱里

【 陸上部 】
◆平成29年度長崎県高等学校総合体育大会 駅伝競技

 【 男子 】 18位/41校中
 【 女子 】 11位/28校中


2017/5/29(月曜日)

西高新聞5月号から

 31日(水)発行の西高新聞215号からの紹介記事です。

◆INTEL ISEF 2017  5月14日(日)〜21日(日)

 生物部を母体としたSSHの活動で、3年の野辺愛耶さん、近藤紀香さん、福澤咲知子さんが発表者として、野田有紗さんがオブザーバーとして、高校生の科学研究発表世界大会である、インテル国際学生科学フェア(Intel International Science and Engineering Fair, Intel ISEF)に、日本代表として出場しました。

 会場はアメリカのロサンゼルスコンベンションセンター。現地時間5月17日8時から行われた審査会で、参加ブース数1432、発表参加者1778人、78か国からの参加の中、特別賞「アメリカ音響学会賞 佳作」を受賞しました。審査は時間割制で、16時までの間に1回15分で審査され、その都度、別の審査員が訪問し、研究者に質問して審査されます。グランドアワードの審査員が8回審査し、スペシャルアワードの審査員が任意に8回審査する時間を持っていました。発表者は、日本での練習からさらに成長して、すばらしい英語プレゼンを披露し、オブザーバーも、他の参加国のメンバーとお互いの研究について白熱した議論を展開しました。

 翌日5月18日は、一般公開の日でした。小学生から大人まで、発表者の数をはるかに上回る人たちが参観に来ました。西高生徒は、準備していた折り紙を配りながら、研究内容を分かりやすくまとめて説明していました。浴衣を着て、そこのブースだけ花が咲いています。10時から12時40分まで、説明を聞いたり、手裏剣をもらったり、浴衣の発表者と記念撮影したりで、4人の前には人だかりが絶えませんでした。
 大変貴重な経験をした4人は、世界レベルの高さを実感し、さらなる高みへの夢を後輩へ託すことにしました。

【生物部顧問 長嶋 哲也】


2017/3/23(木曜日)

西高新聞3月号から

カテゴリー: - kyoumu @ 17:00

 明日発行の西高新聞213号からの紹介記事です。

◆高校生科学技術チャレンジ 花王賞表彰  3日(金)

 校長室にて花王特別奨励賞授与式が行われました。
 「第14回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2016)」において生物部が花王特別奨励賞を受賞したことから、花王株式会社から社会貢献部 市川裕佳子様が来校され、直接、表彰状が手渡されました。生物部の2年 野辺愛耶さん、近藤紀香さん、福澤咲知子さんが、それぞれ一人ずつ表彰されました。
 この受賞に伴い、生物部は、JSEC2016スタディーツアーに招待され、3月13日・14日の両日、2年の近藤さん、福澤さん、そして野田有紗さんの3人が、花王株式会社すみだ事業場/東京研究所/東京工場/花王ミュージアムにおいて、花王の研究の中枢を見学・研修してきました。また、この研修では、JSEC2016で発表した「オオアメンボの水面波への応答について」をスライドで説明する機会をいただき、JSEC2016の審査員を務められた花王の研究員の方々から、貴重なご意見をいただくことができました。
 もう一つの副賞、花王株式会社から「科学道100冊」として、花王と理化学研究所が厳選した科学に関する書籍100冊が本校に贈呈されました。SSH「基礎科学情報」を中心に、全生徒が活用できるようになります。
 【生物部顧問 長嶋 哲也】


2017/2/27(月曜日)

西高新聞2月号から

 明日発行の西高新聞212号からの紹介記事です。

◆高校生科学技術チャレンジ 長崎県教育長表敬訪問  14日(火)

 長崎県教育庁別館8階、教育委員会室において、教育長表敬訪問を行ったのは、朝日新聞社主催の「第14回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」で文部科学大臣賞・花王特別奨励賞を受賞した2年生3名、野辺愛耶さん、近藤紀香さん、福澤咲知子さんです。学校名と氏名を呼ばれ、元気よく返事をした後、尾崎校長から、本コンクールで日本一を受賞したこと、来年度の世界大会ISEF2017(アメリカ)へ出場することが説明された後、研究テーマである「オオアメンボの水面波に対する応答」について、野辺さんが簡単に報告しました。
 式典が終わった後、池松誠二教育長との懇談で、オオアメンボがエサを探すときやメスを呼ぶときに水面波の情報を利用していることを、科学的に解明した研究内容について、3人がアドリブで説明しました。教育長をはじめ、教育委員会の皆さん、そして報道関係の皆さんも、縮小サイズのポスターとノートPC画面の動画を食い入るように見ついて、3人の説明に感嘆のため息を漏らしていました。その様子は、夕方の民放でも放映されました。
 【生物部顧問 長嶋 哲也】

◆JENESYS2016 招聘プログラム  17日(金)

 JENESYS2016 招聘プログラムで本校を訪れた22名の高校生、大学生と1年1組が6・7校時に平和構築交流というテーマで交流会をしました。JENESYSの学生たちはブルネイ、インドネシア、インド、カンボジア、ラオス、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、東ティモール、ベトナム各国から2名ずつで構成されていました。1年1組の生徒たちは、日本や日本人を好きになってもらいたいという気持ちで、朝からダンスの練習を行い、空き時間に飾り付けやプレゼントの準備を一生懸命していました。交流内容としては自己紹介クイズで互いの緊張をほぐし、ダンス、剣道を披露した後、書道や茶道、けん玉、折り紙など様々な日本文化を体験してもらいました。共通語である英語を駆使して、すっかり仲良くなり、交流会が終了した後も、JENESYSの生徒たちは、なかなかバスに乗り込もうとしませんでした。少しは日本や日本人のことを知ってもらえたのではないかと思います。大変有意義なものとなりました。ホームステイでお世話になったご家庭の皆様、ありがとうございました。
 【SSH企画推進部 阪口 令】


2017/2/9(木曜日)

同窓会生徒支援費贈呈式

 毎年、同窓会から本校生徒の学習・部活動など様々な活動に対して多くの支援をいただいています。本日、今年度活躍をした部活動に対して、雕蠧荏覯馗垢ら生徒支援費が渡されました。
 雕蠧荏覯馗垢ら激励をいただいた後、各部への贈呈が行われ、最後に野球部の田丸主将がお礼の言葉を述べました。

 贈呈を受けた部活動は以下のとおりです。

野球部
男子バスケットボール部
女子バスケットボール部
水泳部(水球)
カヌー部
生物部
物理部
地学部
放送部


2016/12/12(月曜日)

部活動報告

 生物部と美術部からです。
 
◆生物部
 JSEC2016 第14回高校生科学技術チャレンジ
 文部科学大臣賞(全国1位)
 花王特別奨励賞
  ダブル受賞となりました。
 来年度の世界大会出場資格獲得。

◆美術部
 第40回九州青年美術公募展
 大牟田文化会館賞  吉原 三奈(3年)


2016/11/22(火曜日)

世界大会を目指して!

大会名:第14回高校生科学技術チャレンジ
会 場:日本科学未来館(東京都江東区青海2−3−6)
開催日:平成28年12月10日(土)・11日(日)


 ※ 出場する生物部2年生 野辺さん、近藤さん、福澤さん
 
 本年度は253研究の応募があり、一次審査を通過した30研究の最終審査(プレゼンテーション審査)が行われます。
 2012年度には、同じく生物部の村上君と田中さんが「科学技術政策担当大臣賞」を受賞し、翌年5月にアリゾナ州フェニックスで開催された「Intel ISEF」(国際学生科学・技術フェア)に日本代表として参加しています。


2016/11/7(月曜日)

大会結果

カテゴリー: - kyoumu @ 08:33

平成28年度長崎県高等学校総合文化祭
 第22回科学研究発表大会

◎口頭発表部門
【 物理部 優秀賞 】(九州大会進出)
 「風車の様々な条件と発電量の関係」 
【 生物部 優秀賞 】(九州大会進出)
 「アメンボのエサを探知するしくみについて 第二報」 
【 化学部 優秀賞 】
 「水素と水クラスターに関する研究」


2016/7/20(水曜日)

一学期終業式

 終業式の前に各種全国大会に出場する選手の壮行式がありました。
 「壮行式」

【 インターハイ出場 31名 】
 バスケットボール男子
 バスケットボール女子
 カヌー男子
 カヌー女子
 陸上男子

 大会ホームページをご覧になるには、下記のバナーをクリックしてください。

【 NHK杯全国高校放送コンテスト 5名 】
 放送部

【 2016ひろしま総文 6名 】
 生物部 地学部 物理部 放送部

 大会ホームページをご覧になるには、下記のバナーをクリックしてください。

【第4回高校・高専「気象観測機器コンテスト」】※H27年度
 副賞としてのアメリカ研修
 室 優大(2年生)

 吹奏楽部による吹奏楽コンクールで演奏する曲の披露

 尾崎校長は、それぞれの大会に臨む生徒にアドバイスや激励を送られました。
また、全校生徒へ向け「一流のステージでプレー、発表する自分をイメージする。第一志望の大学で勉強しているイメージをする。10年後、20年後の自分をイメージできているか?」とイメージすることの大切さについても話されました。

 「終業式」

 尾崎校長は次のことを話されました。
◇「熊本高校 生徒会長 亀井君の全校生徒へ向けたメッセージ」(西高新聞205号掲載予定)を読み上げ、「日常の当たり前に『感謝』できていますか」と投げ掛けられました。
 命あってこその「勉強」、命あってこその「部活動」、命あってこその「友人関係」、命あってこその「親子関係」、命あってこその「悩み」と話されました。

◇西高新聞の4月号から6月号を振り返り、その中で伝えたかったキーワード、メッセージをもう一度話され、「基本的には努力は報われるものです。でも、報われない努力もあると知っておくことも大事なことです。だからといって、努力することを止めるのではなく、努力し続けること自体に大きな意味があるのです。」と話されました。

◇今日で、一度リセットする。「悪い流れが続いている時、それをリセットし、一度断ち切ることが大切なことです。また、良い流れが続いている時も、それをリセットすることで、慢心を防ぐことができます。」と話されました。

◇「お天道様は見ている」という言葉が意味することについて話され、「明日からまた新しい一日が始まります。一日一日を積み重ねて行きましょう。」と話されました。

 いよいよ西高の夏、勝負の夏が始まります!


13 queries. 0.112 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress




月別過去ログ
部活動ホームページ


〒852−8014 長崎市竹の久保町12−9TEL 095−861−5106 FAX 095−861−3432