トップ お知らせ ダイアリー SSH 学校紹介
カテゴリー
検索


2019/7/19(金曜日)

終業式

カテゴリー: - kyoumu @ 11:38

 今年度の終業式も熱中症予防のため校内放送で行われました。

 渡川校長は次のことを話されました。
「皆さんそれぞれの新しい学年も約3分の1が終了しました。4月からこれまでを振り返って皆さん一人一人はどうだったでしょうか。西高全体としては、学習、部活動、学校行事など、立派に頑張ってくれたものと思っています。しかしながら、皆さん一人一人を見ると、まだまだ頑張れる余力、成長できる伸びしろが多くあります。この夏に一人一人の大きな飛躍、giant leap を大いに期待しています。それぞれの目標と計画をしっかりと立てて今日からの日々を充実させてくれることを願っています。」

「皆さんは、学習と部活動の両立を目指し、苦労しながらも日々頑張っています。しかし、自分の限界を決めてしまっている面はないでしょうか。限界をつくり、どうせこれくらいしかできない、ここまでが精一杯だ、などさらに上を目指して挑戦することを諦めている面はないでしょうか。多くの人は何度か失敗した結果、『自分はここまでしかできない』『自分の能力はここまでだ』など、本当はもっと高いところに達する能力があるのに、自分を過小評価して、そこにたどり着く努力をしないままに終わってしまうのだと思います。『できない』と簡単に諦める人は、できないと決めつけて、その理由を探し、口実とします。『できる』と信じる人はできるための方策を考え、行動につなげます。」

「皆さんすべてが途方もない能力を秘めているのに、過去の経験から自分の可能性を縛る有害な思い込みをしていないでしょうか。限界を決めているのは自分自身の心です。自分で限界をつくらず、諦めずに努力を重ねると、未知の自分、すなわちこんな力があったのか、こんなことができたのかという自分と出会えるのだと思います。勉強も部活動も、自分の可能性を信じて努力を継続できる人が大きな成果を収めることができます。能力よりそういう考え方と努力がすべてです。皆さんの可能性は無限です。限界というのは自分が思っているよりはるかに上にあります。才能とは自分の力を信じることです。自分の中に眠っている力と可能性を信じ、やり方を工夫しながら何事にも精一杯取り組んでくれることを願っています。」

「夏を送る上で心がけることはやはり3つのCです。『challenge(挑戦)』『change(変化)』『continuation(継続)』をこの夏も心がけ、何事にも意欲的に取り組んでくれることを願っています。『実りの秋』という言葉があります。実りの秋とは、秋に穀物や果物などの収穫が多くなる季節であることを言いますが、これは夏の暑い季節を耐えた結果です。皆さんのこの夏の努力が秋、あるいは冬に大きな成果となって実を結ぶよう、一日一日を大切に頑張ってくれることを期待しています。」

 渡川校長の後は、進路指導部、自律育成部から夏季休業中の過ごし方についての話がありました。


2018/12/21(金曜日)

終業式

カテゴリー: - kyoumu @ 12:42

 第1体育館が工事中のため、第2体育館で行いました。

 渡川校長は、「鹿児島県の屋久島に昔から伝わる格言に『人は人中、木は木中』という言葉があります。人間は自分一人で生きているのではなく、周りの多くの人とつながりあい、関わり合って生きています。そう考えたとき、大事なことは、人を思う思いやり、人への優しさ、他人に迷惑をかけないことです。そして人間としてもっとも卑怯な行為、/佑諒を盗むこと ⊆紊ぜ圓鬚い犬瓩襪海函´1海鬚弔こと は絶対にしてはいけません。人として生きることは、いかに他人とともに生きるかでもあります。皆さん全員にとって今まで以上に気持ちよく過ごせる西高になるよう、そして皆さんが卒業後に所属する大学や職場においても、よい人間関係の中で日々過ごせるよう、今日話した『人は人中、木は木中』という言葉を是非覚えておいてください。」と話されました。
 


2018/7/20(金曜日)

終業式

カテゴリー: - kyoumu @ 17:54

 本日の終業式は、熱中症予防のため校内放送で行われました。

 渡川校長は次のことを話されました。
◇西日本豪雨
「報道は少なくなりましたが、遺族の悲しみや、暑い避難所で生活する方々の大変さは私たちの想像を越えるものだと思います。皆さんとともに、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、また被災地の一日も早い復興を心からお祈りしたいと思います。そして皆さんが当たり前に生活できること。そしてこの素晴らしい環境の中で学習に、部活動に日々努力できることに感謝してほしいと思います。」

◇全国高等学校野球選手権長崎大会
「3試合を通して、選手の一球一球への集中力、粘り強さ、いくものファインプレーなど、感動的な場面の連続でした。野球部の皆さん、そして西高が一体となった応援をしてくれた全校生徒の皆さん、そして佐世保まで応援に来て大きな声で声援を送ってくれた皆さん、大変お疲れ様でした。野球部の新チームでのさらなる活躍を願っています。」

◇博学篤志
「博学の『博』は『広い、広く行き渡る』という意味があり、『博識』『博愛』などのことばがあります。『博学』とは辞書によると『ひろく学問に通じていること』とあります。言いたいことは、『幅広く学んでほしい』ということです。『篤志』とは辞書によると『気の毒な人や不幸な人、困窮している人に対する親切なこころざし』とあります。高い志を持ってほしいとはよく言われますが、医者になる、弁護士になるという目標をさらに深め、その職を通してどう人のために尽くすのか、人の役に立つのかということが『篤志』であり、本来あるべき志と言えます。『篤志』を強く持って高校生活、そして高校卒業後も自ら選んだ道を一歩一歩着実に歩んでくれることを願っています。」

◇最後に
「一般に夏休みとされる8月末まで約40日ですが、この間、正規の授業、課外授業、雲仙合宿、オーストラリア語学研修、東大や九大でのオープンキャンパス、インターハイ、部活動の遠征など、一人一人が変化に富んだ日々を送ります。その時々にやるべきことに心を込めて取り組み、皆さんにとって充実した夏、飛躍の夏になることを期待して訓辞とします。頑張ってください。」


2017/7/20(木曜日)

一学期終業式

 終業式の前に各種全国大会に出場する選手の壮行式がありました。
 「壮行式」

【 インターハイ出場 】
 バスケットボール男子 12名

 大会ホームページをご覧になるには、下記のバナーをクリックしてください。

【 NHK杯全国高校放送コンテスト 5名 】
 放送部

【 みやぎ総文2017 4名 】
 書道部1名 写真部1名 放送部2名

 大会ホームページをご覧になるには、下記のバナーをクリックしてください。

 7月23日に開催される、長崎県吹奏楽コンクールで演奏する曲の披露がありました。

 「終業式」

 尾崎校長は次のことを話されました。
◇北部九州豪雨のこともあり、「熊本高校 生徒会長 亀井君の全校生徒へ向けたメッセージ」(西高新聞205号掲載)
◇西高新聞の4月号から6月号を振り返り、その中で伝えたかったキーワード、メッセージ

 「離任式」
 ソフィー先生の離任式が行われました。

ソフィー先生の挨拶は、こちらをクリックしてください。


 


 生徒達は大きな拍手で見送りました。
ソフィー先生3年間ありがとうございました。

 1学期が終わります。一度振り返り、リセット、リスタートして下さい。
暑さに負けず、挑戦あるのみ!


13 queries. 0.070 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress




月別過去ログ
部活動ホームページ


〒852−8014 長崎市竹の久保町12−9TEL 095−861−5106 FAX 095−861−3432